読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

ネパールの山の街より

f:id:suganokei:20170425222917j:plain

はてなのみなさん、ご無沙汰してまーす。

ネパールの首都カトマンズからほど近い、ドゥリケルという山腹の小さな街に来ています。

晴れた日には、宿の窓からも、遠くヒマラヤの峰々が、白く輝く清々しい姿をお披露目してくれているのを拝めるのですが、今日は階段を何百段か登って、見晴らしのよい尾根に立つ、カーリー寺まで、奥さんと二人、足を伸ばしました。

朝早いうちに登る山道は、空気も冷たく爽やかで、道の所々に設置されているヒンドゥー教の神様の像を、これはクリシュナさんだね、こっちはラーマさんかな、などと拝みながら、ゆっくりゆっくり歩いていきました。

道の両側には背の高い木が生えているのですが、ネパールはしゃくなげの木が多く、食堂の名前などにもラリグランスというしゃくなげの英語名がつけられていることがありますが、ここでも普通に見かけました。

けれどもしゃくなげの花の時期にはまだ早く、青々と葉を茂らせるばかりで、道端の小さな草には可愛い花をつけているものもありましたが、花をつける木はありませんでした。

いつかしゃくなげの花の頃に来たいものだなと、思っていると、背の高いしゃくなげの木のてっぺん辺りに、赤い花が三輪ほど咲いているのが見えました。

山道を登るぼくらをみおろして早々と咲く赤いしゃくなげ

そのあと、もう少し登ると、カーリー寺に着きました。

寺といっても屋根つきのお堂があるわけではなく、土台は立派な石造りでちょっとした広場のようになっているのですが、そこに露天の石の祭壇があり、カーリー女神の小さな石像がまつられています。

そこで、荒ぶる女神カーリーの力を分けていただき、初夏ののどかな空気に霞むヒマラヤの山々がうっすらと見えるのをしばし楽しんで、持っていったパンとバナナをおいしく食べました。

....と、そんな呑気な日々を送っているとし兵衛でした。

それではみなさん、ナマステジーっ。

はてな村交遊録+追悼・谷口ジロー

一日で三本目のつもりの記事です。日本時間では日付が変わってますけど。

続きを読む

鶏ハムは手間がかかるのか問題を、言葉の超過労働の概念によって#今日も考察乞ご高察

極小網作家(ぷちウェブライター)*1のとし兵衛です。

今日は高知県在住赤茄子網日記家(トマトブロガー)さん(仮名)の教えにしたがい、たぶん私のはてな史上初の「一日あたり複数更新」でお送りしております。

この記事では、鶏ハムを作るのは果たして手間がかかることなのか、という人類の今後を考えるダメためにも必要不可欠な、蝶重要問題をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ただし、これを書いているわたくしは、ch3ch2ohという脳幹突破物質によって、意識の変性状態にありますので、本文の内容については、一切の保証はできかねます。

したがって、以下の文章を読むあなたは「アズ・ユー・ライクのシャディです」といった気持ちであってはならないことが期待されますので、以上、十分ご注意の上でのご高覧をお願いいたします。

  • 酔っ払って書いてるのでどうかすべてを大目に見てください
  • 水島真司とDAICON 3に西言葉を教わったぼく
  • ここで鶏ハムの時間です
  • 料理における「手間」ってなんなんよ?

*1:はてな記法にルビはないと思うのですが、はてなで「この機能がほしい」みたいな要望を上げるのってどうしたらいいんでしょうか。どなたかご教示いただけたら揚羽蝶幸いです。

続きを読む

ルンビニは朝の五時、東京は朝の八時十五分

頭の中で、

けせらん ぱさらん けせらん、ぱっ、ぱっ
けせらん ぱさらん けせらん、ぱっ、ぱっ

という、謎のミュージックが流れています。

毎度どうも、ぷちウェブ作家のとし兵衛です。

あなたはいつもweblog*1を書くとき、どんなことを心がけていますか。

ぼくは、そういうことをきちんと言葉にするような人間ではないので、weblogということで言うと、特にこれだっていうのは、今思いつかないんですけど、文章全般の話をまずすれば、二つばっと思いつくことがあります。

「カタカナや漢語をなるべく使わないこと」と、「漢字が多くなりすぎないようにする」ってことです。

てなことで、今日はいっちょう「真夜中の文章術」*2ということでいってみましょうか。

  • 余計なことは考えないでいい、とにかく書くんだ
  • 文章は爆発なり、故に表現は自由なり
  • 「自由にやれ」とはいうものの、一人よがりにはなりたくないあなたへ
  • 小手先の技ではなく人生を真似る文章術

*1:カタカナ語としては「プログ」となりますが、どうもこの言葉の響きが、ぼくにはなじめないんですね。だもんで、かな漢字の中にアルファベットが混ざるという妙な見た目になるのですが、まあ、表現は自由ってことで。

*2:まだ真っ暗とはいえ、朝五時はとうてい真夜中とは言えません。ここでは事実より雰囲気を大事にしてみました

続きを読む

秘伝・悪夢解消術・悪役編

みなさん、ナマステジー、とし兵衛です。

ネパールのルンビニにいます。
ここにはコンビニはありません。(ずるっ)

今日は、敬愛するはてなの先輩、夜中たわしさんの切実なご要望にお答えして、悪夢解消の方法について、みなさんと一緒に考えたいと思います。

なお、今回解消する悪夢は、何者かから攻撃されるタイプの悪夢です。

  • 夢の悪役を友だちにしちゃう「悪役変化の術」
  • おっとその前に、「明晰夢の術」
  • 初めての明晰夢
  • 明晰夢を見るコツ
  • たわしさんにお願い。悪役と友だちになってちょ。
  • そして新たな秘技「ガム噛みの術」
  • 夢の棒術使い・夜中たわしよ、今こそ立ち上がるのだ!!
続きを読む

熊には年に四回の誕生日がある、我輩には年に三回の誕生日がある

はてな村の村民たちよ。
きみたちは熊に年四回の誕生日があるのを知っているか。

知らないのなら、それはそれでかまわない。
なにもかも知り尽くすなど、所詮できるわけもないことだからな。

熊の年四回については、春休みの自由研究で調べてもらうことにして、今日は我輩の年三回の誕生日について、説明しよう。

続きを読む

52.5歳からのグッバイワーク

はてな村のみなさん。
そして、超時空・電網怪海につどうすべてのみなさん。

今日はわたくし、ぷちウェブ作家那賀乃とし兵衛の52.5歳の誕生日なんです。

みんなで歌ってください、はっぴばーすでー、とーゆー、って。

灯油はいりませんが、ガスコンロ用のガス缶ならご寄付も受け付けております。
インドではなかなか手に入らないんです。
今はネパールのルンビニにいますから、あともう少しでカトマンズまでたどり着けば、手頃な値段で手に入るはずなんですけど。

いつもの通りのとっ散らかった文章で申し訳ありませんが、お時間ある方は何も期待せずにお付き合いください。

今日のテーマは、一応「人生において仕事とは何か」です。

それに対する、アルコール依存と軽い鬱のけがあるぼくの結論は、
「働かなくたって別にいいじゃん」
です。

  • ぼくは働くのがきらいなんです
  • そういえば勤労の義務ってあったよね
  • 物乞いの権利だって、ありだと思う
  • ポストモダンなぼくたちの憂鬱
  • 実感に裏打ちされた楽観
  • 医療と福祉について
  • ぼくの昨日、今日、明日
続きを読む

---------------

スポンサード・リンク