読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

奇妙な言葉のつながりが、砂漠のほとりで生まれたのです

漫談曼荼羅マンドラゴラ 茫洋流浪
えーっと、今日は何を書こうと思ったんだっけな。

のっけから失礼します。

昼間一日がかりで別サイトの記事を書いてたもんで、今ちょっと眠くって、こちらに何か書こうと思ったことがあったのに、忘れちゃったんですよ、ははは。

あっ、その一日がかりの記事ってのは、文庫本10ページほどもある、幻覚性物質と瞑想と悟りについて脳科学的な視点から書いたの「チョー大作」なんで、興味があったら覗いてやってください。

不思議なきのこを科学する - そして瞑想と悟りへ

なぜぼくはインドにいるのか --。

というわけで、今日はまったくお遊びの記事を書くことにします。

それで、とりあえずは見出しに、カースト性の問題も含め、今いるインドのことを入れてみました。

インドの世界観では、ぼくらが生きているこの世の中っていうものの、
すべてが幻にすぎないのだから、一番水泳が苦手だった。

もちろん日本にもしんぴ

運転手が言ったのだ。宛先もさ

プシュカルは朝の五時。

みなさん、おはようございます。

プシュカルは朝の五時。
砂漠のほとりの小さな街です。

静かな夜明け前の寝床の中、ぼくはこれを書いています。

前の節は、寝る前に睡魔に襲われながら書いたものです。必死に目を開き直しては、意味のある文章を書こうとして、直しては直しては書いていたのに、どうにもならないので、降参して眠りについたのです。

無意識の中から生まれてきた、奇妙な言葉のつながり。

こういうのが自動筆記というやつなんでしょうかね。

それにしても、一体なんの宛先だろう。運転手が言ったらしいけど......

最後にぼくのがさつな歌をよろしければ。

とまあ、今日はこのくらいにしておきます。

今日は、最後にわびさびとは程遠い、ぼくのがさつな歌を載っけて終わりにしたいと思います。

じゃあ、みなさん、またねー。

youtube.com

http://twitter.com/tosibee もよろしく。

---------------

スポンサード・リンク