読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

秘伝・悪夢解消術・悪役編

みなさん、ナマステジー、とし兵衛です。

ネパールのルンビニにいます。
ここにはコンビニはありません。(ずるっ)

今日は、敬愛するはてなの先輩、夜中たわしさんの切実なご要望にお答えして、悪夢解消の方法について、みなさんと一緒に考えたいと思います。

なお、今回解消する悪夢は、何者かから攻撃されるタイプの悪夢です。

夢の悪役を友だちにしちゃう「悪役変化の術」

たわしさんのご要望は、「悪夢を解決したい」というものなのですが、
夢の中へのアイテム持ち込み制度 - 夜中に前へによると、

>>私の見る夢は大体悪夢です。週に1回は見知らぬ人やモンスターから攻撃を受けています。<<

ということですので、かなりのご苦労をなさっていることかと、想像します。

以前の記事 悪夢から力をもらう方法 - *魂の次元* でも書きましたが、悪夢を見ることにもちゃんと意味があり、悪夢を見ることで頭の中の整理がされる、と考えられるのですが、
「悪夢なんて、できれば見たくない」
というのは、誰でも同じですよね。

ぼくも見たくないですが、昨晩は久しぶりに見ちゃいましたね。
起きたら冷や汗かいてました(笑)。

ゴロツキに絡まれて、もう少しで大怪我、というところで目が覚めました。

さて、夢に出てくる悪役というのは、こちらが怖がっている限り、調子に乗って悪役を続けます。

ですが、こちらが落ち着いて、友だちになろうと思えば、向こうも友だちになってくれるらしいんです。

「らしい」というのは、ぼく自身はこの方法、まだうまくできたことがないからです。

だって、「夢の中で悪役と友だちになれ」って言われても、夢の中でそんなこと、うまく思い出せないですもんね。

おっとその前に、「明晰夢の術」

ところが、これにはコツがありまして、悪役を友だちにしちゃう「悪役変化の術」はまだ使えないぼくですが、「明晰夢の術」は、ときどきなら使えるんです。

明晰夢というのは英語の lucid dream の訳語なんですが、夢の中で夢を見ていることを意識できている夢のことなんですね。

// うっ、「夢」が三つも出てきてすごい日本語になっちゃった。

そういう夢は、視覚や音や体感など、はっきりくっきり東芝さん(ずるるっ)*1なことが多いので、明晰夢って名前にしたんでしょうね。

夢の中で「これは夢だな」と気づくと、原理的にはどんな体験でもできることになります。例えば空を飛んだり、壁を突き抜けたり、みたいなことです。
(もちろんもっとロマンティックなこともできますよ、うふふ)

ぼくは、もともと空を飛ぶ夢をよく見ていて、それだけでも普通に気持ちがいいんですが、夢であることが分かった上で空を飛ぶと、普段よりさらに豪快な飛び方ができたりするので、なかなか楽しいものなんですよ、この明晰夢ってやつは、ほんとに。

まあ、なんでもできると言っても、実際には、途中で夢が覚めてしまったりするので、思い通りにコントロールするのは難しいのですが、とにかく、現実とも、普通の夢とも違う特殊な経験なので、おもしろい体験であることには間違いありません。

さて、この明晰夢を見るコツですが、基本は、眠る前に「明晰夢を見るぞ」と十分決意することです。

その上で、カルロス・カスタネダの「力の話」という本に書いてあるやり方では、夢の中で自分の手を探す方法が取られます。

これは、眠る前に「今日は夢の中で自分の手を見るぞ」と決心するわけです。

初めての明晰夢

ぼくはこの話を知ったその晩に「これはおもしろい」と思って、早速ためしてみました。

そのときのぼくは、相当気合が入ってたんだと思いますが、一旦寝たら、夢を見ることなく、一時間半ほどで目が覚めちゃったんですね。

寝るのが得意なぼくは、「よし今度こそ見るぞ」と思って、もう一度眠りました。

そうしたら、また一時間半ほどで目が覚めちゃったんです。今度も夢は見てません。
ありゃりゃと思い、「今度こそは」です。

ところがやっぱり一時間半ほど経つと目が覚めちゃう。

これを何度繰り返したでしょうか。

ちなみに、この一時間半というのは REM 睡眠という、夢を見る睡眠状態のサイクルなんですね。夢を見ると同時に、覚醒に近い状態なので、目が覚めやすい状態でもあります。

で、一回一時間半ほどのサイクルですから、たぶん、四回目だったかもしれません。

夢の中で自分の手を見ることに成功したんです。

そのときの夢がどんな夢だったかは、残念ながら忘れちゃったんですが、そのとき以来、ときどき明晰夢が見れるようになりました。

初めのころ見たやつで、自分の手の五本の指先から青い光線がすーっと出たのは、ちょっと神々しくてかっこよかったですね(笑)。

明晰夢を見るコツ

夢の中で手を探す方法以外にもコツがあって、ぼくが試して有効だったのは、起きているときに「それが夢でないか確かめる」というのがあります。

もちろん起きているのは分かってますから、夢じゃないに決まってるんですけど、そこであえて「これホントは夢とちゃう?」と自分に問うわけですね。

そうすると、それが癖になって夢の中でも現れて、「あれ、これなんかおかしいな、夢ちゃうか?」と気がつけるようになるんですね。

世の中には自由自在に明晰夢が見れる人もいるらしく、ちょっとうらやましいですね。

ぼくは結局、自由に明晰夢が見れるところまではいかないまま、最近はあまりみなくなっちゃってますが、これをきっかけにまた少し練習してみようかと思います。

たわしさんにお願い。悪役と友だちになってちょ。

ここで、たわしさんにお願いがあるのです。

ぼくも夢の中で悪役と友だちになり、悪役の力を自分のものにしたいと、かねがね思ってはいるのですが、ぼくはあんまり悪夢を見ないので、この話を知ってから、十年以上になるのですが、まだ、実現できないでいます。

でも、週に一回ペースで悪役者の悪夢が見られる、悪夢の常連のたわしさんなら、「明晰夢の術」さえある程度使えるようになれば、「悪役変化の術」まであと一歩じゃないですか。

どうか、マッドサイエンティスト那賀乃とし兵衛の実験台となって、悪夢解消術の研究に光をもたらしていただけないでしょうか。

とし兵衛よりの切実なるお願いでございまするぅーーー。

そして新たな秘技「ガム噛みの術」

で、明晰夢なんですが、たぶんたわしさんなら、簡単に見れます。

というのは、「ガムを噛むと夢にガムが出てくる」というのは、明晰夢の一歩手前の状態だからです。

そして、この「ガムを噛みながら眠れる」という特技が、たわしさんを明晰夢の達人にする可能性を秘めているんですね。

それでですね、たわしさんが立てた仮説通り、夢にアイテムを持ち込むことは可能なはずです。
クイックルワイパーを持ち込んで、夢の中で悪役を退治することも夢ではないのです。
(いや、夢なんですよ。でも、夢じゃないんです。あー、ややこしい)

(また、退治することも夢ではないんですが、あまりおすすめできません。自分の中のある部分を「退治」してしまうのは、問題をこじらせる恐れがあります。ぜひ友だちになるほうで、試してみてください)

ですが、今のところガムは持ち込めても、クイックルワイパーは持ち込めてないわけですよね。

これはなぜか。

このことは咀嚼運動によるセロトニンの分泌によって説明できるものと思われます。

説明は略しますが、クイックルワイパーをひっしと抱きしめて、ガムを噛みながら、「吾輩は今日夢の中で夢であることに気づき、棒術を披露しますぞ」と決意の上で寝つけば、八割がた(※当社推定値)実験は成功したようなものです。

夢の棒術使い・夜中たわしよ、今こそ立ち上がるのだ!!

というわけで、実験結果お待ちしてます。

アイテム持ち込みも、悪夢解消も、たわしさんなら、楽勝かも。

それではみなさんも、勇者・夜中たわしさんを、どうか応援、よ・ろ・し・く、お・ね・が・い、いーたーしーまーす〜〜〜。

ほいでは、ナマステジー。

*1:ここで「東芝さん」を取り消し線で消したのは、読みやすさのためであり、東芝という会社に対する何らかの意図があるものではありませんので、念のため一言添えさせていただきます

---------------

スポンサード・リンク