読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

明太子と奈良漬と忘れ去られたものたち

はてな村のみなさん、こんにちわー。

一昨日は
うちの奥さんは明太子だった話 - *魂の次元*
なる記事で、「妻が椎茸」な話や、「奥さまは明太子だったのです」といった話題を展開させていただきましたが、ふだんは記事ひとつ書いて閲覧数が 20 もいけばいいくらいの当閑古鳥サイトといたしましては、破格の三桁越えの来訪者を数えましたことにつき、読者の皆さまのご愛顧の程に深く感謝する次第であります。

そこで今日は、「超巨大めんたいこの逆襲」と銘打って、好評の明太子シリーズ第二弾を...... 、と思ったのですが、ちょっと疲れて気味でいるものですから、その話はまたいずれ、ということにさせていただいて、前の記事の「奥さまは明太子」の続きと、そこにいただいたコメントを紹介する形で、人間の記憶の不思議について軽く思いを巡らせてみたいと思います。

昨日の記事では、うちの奥さんが、いつも食べてるにも関わらず、「明太子」という文字をメニューで見て、「明太子ってなんだっけ?」と聞いた、という話を紹介しましたが、まずは、この不思議な「ど忘れ」について、もう少し話を続けることにします。

うちの奥さんはものを思い出すとき、そのものの映像が頭の中に浮かぶタイプの人です。

ですから、普通なら「明太子」という文字を見ると、「明太子の映像」が頭の中に浮かぶわけです。

逆に言うと、「ど忘れ」してしまったときには、「明太子の映像」が出てこなかったわけです。

そして、今日話していて分かったことは、彼女は普段漢字の「明太子」ではなく、ひらがなの「めんたいこ」として、[明太子] を捉えているということでした。

つまり、「めんたいこ」というひらがなの文字映像から「明太子の映像」への記憶回路は、いつも使っているからすぐ出てくるのに、「明太子」という漢字の文字映像を見たときには、「明太子の映像」が出てこず、[めんたいこ] という「読み=音」は出てきたのだけれども、その先の「明太子の映像」にまでは至らなかったものと思われます。

さて、id:ad2217 さんにいただいたコメントですが、彼は「明太子」と「めんたいこ」がつながらないことはある、とのことで、察するに、彼も映像想起型の記憶回路の持ち主と思われます。

ちなみにぼくの場合は映像想起型ではなく、「明太子」という文字映像を見ると、まず頭の中に [めんたいこ] という音のようなものがぼんやり浮かびます。と同時に、なんらかの「明太子複合体」が活性化され、「明太子ってのはあんなのだよなー」というようなぼーっとした何かが想起されるのが、ぼくにとって「何かを思い出す」ということを意味します。
(あんまり説明になってなくてすんません)

そしてこのとき、決して映像は出てきません。

というのも、ぼくは頭の中で線一本、丸一つ描くことのできない特殊無能力者だからです。

小学校の国語の時間に先生に、「ではみなさん、目を閉じて、このお話の情景を想像してみてください」などと言われて、まあ、先生に言われるんですから、一応目を閉じてみたりはするのですが、頭の中に絵を描くなんて、そんなことができるわけはないのですから、先生の言っている意味が分かりません。

「ほかのみんなは目をつぶって何をしてるんだろう」などと思いながら、そっと目を開けて周りを見回していたりしたのも、今となるといい思い出です。

それはともあれ。

id:mamichansan からは、食べ物の名前はしょっちゅう忘れる、直近では奈良漬を忘れた、というご報告をいただきました。

また、id:tawashix さんの奥さんも、食べ物の名前はしょっちゅう忘れるそうで、しかも何を忘れたかも思い出せないという、ストレートなお答えをいただきました。

ぼく自身、人の名前や場所の名前は忘れても、食べ物の名前はあまり忘れないことを考えると、女性と男性の行動の違いから、女性のほうが食べ物の名前を忘れやすいと言えるのかもしれません。

ちなみに、うちの奥さんの場合は、頭の中に [明太子] を思い浮かべて「明太子」という言葉が出てこなかったわけではなくて、逆に「明太子」という文字を見て、[明太子] が何か分からない、映像が出てこない状態だったわけですので、こちらのタイプの「ど忘れ」が、どのくらい普通のものなのかについては、今後の研究課題とさせていただきます。

また、うなぎ文である「奥様は明太子」関連のコメントとして、id:watto さんより、「こんにゃくは太らない」、「しいたけも太らない」というたぐいの「こんにゃく文」の存在をご教示いただきました。これについても「明太子はやせるのか」など、調査研究を続行したいと思います。

そして、id:kenzy_n さんからは、今回はじめてコメントをいただきましたが、こちらは「妻が椎茸」ネタで、「みんな前世は美味しいものだった」という心温まるお言葉でした。

わたしも、かつて日本海を泳ぐ鱈の腹の中で明太子だったころの記憶が、うすぼんやりと頭の中よみがえってきたような気がします。あっ、漁船が近づいてきて、お母さんが網にかかってしまった...... 。

とまあ、そんなところで、おあとがよろしいようで。

それでは、みなさん、ナマステジーっ。

---------------

スポンサード・リンク