読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

ぼくのぷちバズ報告と、インドのバス旅の愉しみ

漫談曼荼羅マンドラゴラ 電網怪々ああ爽快 茫洋流浪

みなさん、ぐっもーにーん、インド沈没おじさん(推定年齢3,052歳)の那賀乃とし兵衛です。

今日はみなさんに、個人的な祝報をお伝えしたいと思います。

なんと昨日書いた記事 「レイア姫」追悼: 月明かりに溺れ、ブラジャーで窒息死 - *魂の次元* が、ぷちバズってくれたのです。

みなさん読んで目を疑わないでくださいよ、このページビュー。

なんと昨日のアクセス数が、300万を超えました。

というのは、もちろん大嘘で、実際は 300 を超えただけです。

#ここで、「え゛ーーっ、それっぽっちぃーーーー」とつっこみを入れてください。

(あっ、このネタ、小島アジコid:orangestarさんが使ってましたね、失敬。 〔ブロガー名人伝 - orangestarの雑記〕もおもしろいよ)

とまあ、ですから、たったの 300 なんですけど、下の画像を見ていただければ分かるとおり、なにしろ今までが「蝶閑古鳥」だったもんで、これでもぼくにはバズのうち。

そこで一句。

  1. 高みより月明かり授くレイア姫

えー、それで、わずか三百ぽっちではありますが(くどいっ)、どこでどうバズったかというと、ぼくのはてな師匠 id:watto さんからの直伝、
はてな伏魔(ぶくま)相乗りの術
が効いたようです。

というのは、たまたま見かけた〔[ジャバ・ザ・ハットの殺し方:レイア姫追悼|WIRED.jp〕という記事に相乗りの告知伏魔させていただいたところ、そこから数名のかたが伏摩してくださり、さらにどうしたはずみか、SmartNews なるサイトに掲載された模様です。掲載状況は確認できなかったんですけども。

SmartNews は結構使ってる人いるのかな。画面がにぎやかすぎて、ぼくには、ちょっとって感じですが。

いえいえ、そんなこと言ってる場合じゃありません。

SmartNews さま、ありがとうございましたぁ。

そして、わたしのこの、蝶イケてる、もとい、いけてないページをいつも読んでくださり、励ましの星やコメントをてくださっている、少数精鋭の読者のみなさま、本当にありがとうございます。

なけなしの力を振り絞って、心の奥底からの感謝の意を表明させていただきます。

だんにゃばーど、こっぷんかっ、むーちゃす・ぐらしあす、あみーごすっつつ。
# 順にヒンディー、タイ、スペイン語です。

それでインドのバスの話なんですけど。

いや、インドのバスはボロいです。

今ぼくは、インドの西のはずれ、ラジャスタン州のプシュカルという街にいます。

九月半ばからいるので、三ヶ月以上たってるのですが、先月の三週間ほどは、ここから更に 500 キロほど西のジャイサルメルという街に行ってました。

バスで片道、八時間とかかかります。

夜行バスで寝台になっていて、横になって眠れるのはいいんですが、屋根裏部屋というか、網棚に毛が生えたというか、座ったら頭が使えるような素晴らしい空間でたっぷり八時間のバス旅が楽しめるという趣向です。

ちなみにこれだけ乗ってお値段なんと邦貨 800 円ほどなんです。

あーら、お安いじゃないの。でしょう、奥さま。今どき、こーんなにお得で耳寄りな話はなかなかありませんわよ。奥さまもぜひ乗りに来てくださいでごじゃるねー。

......と、過酷なバス旅を思い出してか、はたまた睡眠不足で頭が朦朧としてきたか、意味不明の言葉の羅列になってしまっていることを深く、ふかぁーくお詫び申し上げた上で、本題に戻らせていただきます。

インドのバスです。

ほんとにひどいです。

といっても、行きはまだよかったんですけどね。

砂漠地帯の冬の夜は寒く、暖房はなし、窓はちゃんと閉まらなくて、がたがた道を行くおんぼろバスの振動で、いくら閉めても段々あいてきます。

お世辞にも快適とは言えません。

けれども、幸いぼくは寝るのは得意なので、この過酷な環境下でもほとんどの時間を眠って過ごしました。

写真はインド的夜のドライブインです。

f:id:suganokei:20161230151413j:plain

問題は帰りのバスでした。

サスペンションがへたってたのか、席が一番前なのが悪かったのか、とにかくものすごい振動、というか、あれは衝撃ですね。衝撃的なまでの衝撃が、どしん、ばしん、と横になるわたしの体を鞭打って、とんだ笑劇を演じさせてくれるわけです。

それでも、かなりの時間は眠ってすごしたんですよ。なにしろぼく、寝るのだけは得意ですから。

せ○○○区立○さ○小学校の同窓生の中では、一番寝るのが得意だった自信ありますからね。

で、ようやくプシュカルに戻って、常宿のいつもの部屋で午前中はゆっくり寝て過ごしました。

それで起きてから腕を見ると、「なんだ、この真っ赤になってるのは!?」と目を疑いましたね。

両腕とも、一面の蕁麻疹です。

腕だけではありません。お腹から腿から、ほとんど全身のように出ています。

幸い、顔には出てなかったし、ほとんど痒くもなかったので、実害はありませんでしたが、あなどるべからず、インドのバス。

バスの振動が原因だったのか、なんだか、その辺は分かりませんけど。

みんさんもインドへ行ってバスに乗るときには、お気をつけください。
(って、気をつけようないですね)

とまあ、インドはいろいろな意味でカルチャーショック満載ですので、覚悟の上で訪問すれば、あなたを丸ごと可愛がってくれること請け合いです。

というわけで、今日は、ぼくのぷちバズとインドのバス旅の、抱き合わせ記事でありました。

それではみなさん、ごーきげーんーよーーー♬
(って、なんのラストでしたっけね?)

http://note.mu/tosibuu もよろしく。(ここからの転載も多いですけど)

---------------

スポンサード・リンク